« 今日はね~ ヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪ | トップページ | 週に一度の楽しみがぁ~ »

2006年6月24日 (土)

感動した!考えた!

昨日、テレビで 「みのもんたの感動ズバッ!」 を見ました。

重い心臓病で、余命半年と宣告された6歳の男の子の話しでした。

心肺停止状態に2度も陥り、それでも頑張ってアメリカで移植手術を受けるという話しでした。

日本では子供の臓器移植が法律で認められていないので、アメリカに行かなくてはならないそうです。

飛行機に何時間も乗らなくてはいけないので、気圧の変化によっては心臓に負担が掛かって命取りになるかもしれない。

アメリカに渡ってもドナーが見つかるまで身体がもたないかもしれない。

渡米に掛かる費用は最低でも6千万円かかるそうです。

でも、たくさんの人の善意と、本人の頑張りで男の子は無事移植手術を受けることができて、元気になってました。

助かって本当に良かった~って心から思いました。

子供の心臓って、握り拳より小さいんですよ~。あんなに小さいのに一生懸命頑張ってて、スゴイな~って思いました。

でも、もしも私が死んだら自分の臓器をあげられるだろうか?家族が死んだ時、どうぞ他の人のために使ってくださいって言えるだろうか?って考えました。

もう、自分の意思で臓器提供カードを持ち歩ける年齢だけど、できれば困っている人を助けてあげたいけど、まだそのカードに記入して持ち歩ける勇気がありません。

みなさんはどうですか?

ちょっと真剣に考えた私にポチッとお願いします。

人気blogランキングへ 

人気ブログ検索 - ブログフリーク

|

« 今日はね~ ヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪ | トップページ | 週に一度の楽しみがぁ~ »

コメント

まるさん今晩は
小さな命を守るのに 日本で出来ないなんてとても寂しい事ですね 一生懸命 生きようとしているのに 外国まで行って 高価なお金を必要とする 多くの善意に助けられて 国は助けてくれないのかなぁー 人の心臓は自分の握りこぶしに相当するらしいですょ私の臓器でよかったら使って欲しい 元気で居なくてはと思いますよ 大病して居る主人(血液の癌)です私に取って爆弾見たいです 何時どうなるか お互い元気でいて 人のために出来る事はして上げたい。

投稿: aki | 2006年6月24日 (土) 21時12分

こんばんは。私も全部ではありませんが、見ました。
8年前から臓器提供意思表示カード持っています。運転免許証と一緒にしています。残念ながら私の選択肢は「臓器を提供しません」に丸がついていますが。

投稿: グッピーちゃん | 2006年6月24日 (土) 21時41分

(゜-゜*)(。。*)ウンウン 俺も見たよ!凄く感動した!
俺はドナーカード持って無いけど、もし持ってたらどうなんだろう?
提供出来るのかな?でも、提供する事でその人が助かるなら・・って思う!それにしても日本の法律ってまだまだ送れてますよね
日本の法律が変れば高価なお金を必要としなくて済むのに!

投稿: クマ | 2006年6月24日 (土) 21時42分

 まるさん こんばんわ。
ゆみぞは誰かのために何か、助けてあげられる様な
資格とか何にも ないので;;せめてできることとして
献血とEYEバンクと骨髄バンクと臓器提供カードは
持ち歩いています。免許証にも登録している旨を
書いたメモを張っています。
そんなことで誰かが 1つでも助かるのならば
嬉しいですから・・・。


投稿: ゆみぞ~ | 2006年6月24日 (土) 21時44分

番組は見なかったけど。。。
考えさせられました。
だよねそ~だよね。
献血はしたことないなぁ。。。。
昔は体重が足りなくてダメだったけど
今は十分足りすぎるほどだから、やってみようかな!

それから臓器提供カードって病院でつくるのかなぁ?
自分の身体の一部が生きてくれるのってうれしいことだとワシは思う。調べてみよう。

投稿: HALU | 2006年6月24日 (土) 22時08分

こんばんは♪
早速、遊びにきました(笑)
うちも、昨日、途中から見てました。
(子供がドラエモン見てたから。。。)
臓器提供カード持ってます。
でも、何も書いていません。
うちが死んだ後も、うちの身体の一部は生き続けるって
とてもスゴイことだと思うし、誰かの命を救えるのなら
とも思ってカードはもらってきたのですが、
いざ、書こうと思ったら、勇気がでなくて…(苦笑)
でも、この番組見て、臓器提供の重要さ、大切さを
考えさせられたんで、一歩踏み出してみようかなって思います。

投稿: aneさん | 2006年6月24日 (土) 23時05分

まるさん こんばんわ
我が家も 次女と三女と浜松から来ていた母とで見ました。
いつもクールな次女が言うんですよね。
「お母さん、私が脳死になったらあげてもいいよ。」ってなんかゾクッとしました。 このコがこんな事言うんだ…ってびっくりしました。
そして「でも目は嫌だな。 あの世で見えなくなりそうだから」と言って笑っていました。
あの男の子が、最後にちょっとふっくらした顔で出てきてくれたときは、本当に良かったね~とみんなで拍手していました。
「6千万高いね」と三女は言ったけど、「もしあの子が、あんただったら お母さんだって 6千万集めるよ」「ふ~ん」と言う会話がありました。 子供の脳死判定は難しいそうですが、医学の進歩で子供の病気は どうにかして欲しいですね。

投稿: マヤmama | 2006年6月25日 (日) 00時45分

まるさん こんばんは、youです。
残念ながらその番組は見ませんでした。
臓器提供カードはまだ持っていません。
難しい問題だよね。
自分の子どもの病気が良くなるのなら、移植して欲しいと思うのは親として当然の気持ちだよね。
でも、でも、でもね。。。
自分の子どもが脳死判定されても心臓が動いていたら、私は「奇跡は起こるかも!」って最後まであきらめきれないと思う。。。
やっぱり難しいもんだいだよ。
自分は提供してもいいかなぁ。。。

投稿: you | 2006年6月25日 (日) 01時18分

心臓や、余命をズバッしなかった?


投稿: BlogPetのとろりん | 2006年6月25日 (日) 15時36分

まるさん、こんばんは。
献血しかしたことない大見です。

ドナーカード、改めて、持つべきだと感じました。
やっぱり、どんな形であれ、人の支えでありたいし。
彼女はとっても理解のある人なので///、俺が臓器提供することにも賛成してくれるだろうし。
って、まだ家族ではないんですけどね(照笑)。

ちなみに、高専では専攻科を含めれば、最大で7歳年の差カップルが誕生できます。
俺たちが何歳差かは、ご想像におまかせします///。

投稿: 大見_解 | 2006年6月25日 (日) 16時54分

まるさん、こんにちわ
見れませんでした~。まだね、ああいうのを見るとね...。
でも、分かります。移植手術って、大変なんですよね。
日本はまだまだ医療に関しては遅れてます(政府の政策?)。
だから海外へと思っても莫大な費用が掛かったりして。
みんなの善意で、何とかアメリカに渡り、手術することが出来て本当によかったですよね。
ドナーカードね。みなさん、出来れば、骨髄バンクにドナー登録もお願いしたいですね。
「メンバーが足りません...」

投稿: aocha | 2006年6月25日 (日) 18時14分

★akiさん、こんばんは。
難病で苦しんでる人はたくさんいるのに、国はそういう人達を守ってはくれないですよね。それなのに、何だか分からないことに税金を使ったりして・・・・
苦しんでる人達のお金の不安って、もの凄く大変だと思うからそういう所にいっぱい使ってくれたらな~って思いました。


★グッピーちゃん、こんばんは。
どんなことが書いてあっても、意思カードを持ってるだけでスゴイですよ。私なんて、デパートとかに置いてあっても、もって帰ることすら出来なかったんですから。
でも、今度はちゃんと持って帰ろうと思いました。


★クマさん、こんばんは。
私も持ってないんですよ。だから、今度は持つくらいしようかな?って思ってます。
4月から医療費が上がったりして、長期療養が必要な人には辛い世の中になっていってるような気がします。


★ゆみぞ~さん、こんばんは。
すご~い!やっぱりそうでないとダメですよね。
私もいろんな人に助けられてここまできたから、何か恩返しをしないとね。
せめと臓器提供カードくらい持とうと思ってます。


★HALU~、こんばんは。
臓器提供カードって病院じゃなくても、普通のお店とかデパートとかにも置いてあるよ。
私も献血って一度しかしたことないからな~
でも、カードくらいは持ち歩こうと思ってるんだ~


★aneさん、こんばんは。
早速遊びに来てくれてありがとうございます~
私はまだカードすら貰ってないんですよ。
でも、いざ書くとすると、やっぱり躊躇するんだろうな~
まずは、カードを貰ってくることから始めなきゃ!


★マヤmamaさん、こんばんは。
次女ちゃんがサラッと、あげてもいいよって言うなんて、何だか親としては複雑な気分なんでしょうね。
でも、目は嫌だな~って言うところが可愛い~(^▽^笑)
私は怖がりなので、死んでしまってもう分からなくなってるはずの自分の身体を想像してしまって、あげてもいいよって素直に言えないんですよね。
でも、それでは助かる命がもったいないですよね。
勇気出すぞ!

★youさん、こんばんは。
私も同じです。例えば親が脳死になったとして、もう高齢だから諦めなさいって言われたとしても、やっぱり諦められないと思います。
助かる命を助けたい、けれども家族も助けたい。
ギリギリの所で果たして冷静な判断ができるかどうか・・・・
今から不安です。

★大見_解さん、こんばんは。
大見さんは、今は彼女専用の臓器提供カードしか持てそうにないですね。(^▽^笑)
でも、本当に犯罪者になっちゃいますよ~
彼女は未成年なんだから、デートも早く終了しなきゃダメですよ~
(≧∇≦)/ ハハハ


★aochaさん、こんばんは。
私も最近になってやっと、ああいう番組を見れるようになりました。
でも、手術のシーンとかを見ると、やっぱり思い出してしまいます。
臓器提供カードも骨髄バンクもいっぱい登録しなきゃダメですね。
会社単位で登録したらいいのにな~

投稿: まる | 2006年6月25日 (日) 20時51分

まるさん、いつもコメントありがとうございます。
この番組知っていたけれど、小さい子がいる私はどうしても辛くて観る事が出来なかった・・・。
観る勇気がなかった。
でも、助かったのですね!
本当によかったです!!!!
>「でも、もしも私が死んだら自分の臓器をあげられるだろうか?」
これって、すごく難しい問題ですよね。
私はまだ臓器提供カードを持っていないけど、
でも、やっぱり死んだ後に誰かの命を救えたら・・と思うので、近いうちにカード持とうかな?と思います。

投稿: pingu | 2006年6月25日 (日) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感動した!考えた!:

« 今日はね~ ヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪ | トップページ | 週に一度の楽しみがぁ~ »