« ついに来た~♪ | トップページ | 病気のこと ~入院編・2~ »

2006年5月 4日 (木)

病気のこと ~入院編・1~

今週はゴールデンウィークで、ちょびっと暇なので、私の入院生活のことを書いてみようと思いま~す♪

今から思うと結構楽しかったことしか思い出さないんだけど、その当時は辛いことも一杯あったので、その記録として書きますね。

病気のことって何だ??っていう人は

病気のこと 全四章  ここから読んでくださいね♪

頚髄腫瘍という珍しい病気を患いながら、何とか仕事も続けてこれた私でしたが、ついに限界がきたのは去年の11月でした。

その1ヶ月前には大学病院で診察をしてもらい、手術が決まっていたので、仕事の引継ぎ等をしながら会社には行ってました。

けれども、風邪を引いてしまって食事が全く摂れなくなってしまい、11月29日で休職しました。あと1日で11月が終わるというのに、その1日さえ行けないほどだったのです。

それからしばらくは、病院から入院の連絡待ちの日々でした。

寒くなるのと同時に、少しずつまた右腕が動かなくなってきました。

ご飯を食べたくても、右手を口のところまで持っていけないのです。

あぁ・・・また少し悪くなったんだな・・・・  そう思ったけれど、私には何も出来ません。  ただただ病院からの連絡を待つばかりです。

でも、いくら待っても病院からは連絡がありません。

困った私は、母に頼んで病院に聞いてもらいました。

すると・・・・「まるさんは手術の予定が入っていません」との返事。

そんなバカな・・・と事情を説明して、至急入院等の手配をしてもらいました。

多分、大きな病院なので伝達の不備があったのでしょう、夜遅く電話がかかってきました。

12月13日に入院して、16日に手術をします。

前日の15日には手術の詳しい説明をしますから、ご家族の方に来て頂いてください。

あぁ、やっと入院できるんだ。やっと手術してもらえるんだ。

あんなに手術も入院も拒んでいた私が、そう思うほど体の自由が利かなくなっていたのです。

どんな結果になるのかは分からないけれど、今の苦しみからは解放されるかもしれない。放っておけば、もうダメになってしまう。全て、お医者様に任せよう、信じて任せよう。今はそれしかできないのだから・・・。

手術後の痛みを和らげてくれるという、大根を干して煎じた物を飲んで入院の日を待ちました。

2005年12月13日

その日はとてもいい天気でした。

両親と叔父が一緒に病院へ行ってくれました。

病院まで車で2時間。体調が悪く一言も口を利くことができません。病院について手続きを済ませ、病棟まで歩いて行きましたが、私の入院する病棟は一番奥にあってとても遠かったのです。

壁をつたいながら、ゆっくりゆっくり、やっとの思いで歩きました。

病室は明るくてきれいな個室です。

私の主治医のT先生は大学病院の講師で何かと忙しいので、補佐としてS先生が付いて下さいました。

ちょっと頼りなさそうだけど、優しい先生でした。

S先生は私たちが病室に入るとすぐに挨拶に来てくださいました。

「うちの病院は神経の手術も数多くやっていますから大丈夫ですよ。上手くいけば年内に退院できるかもしれません。クリスマスはちょっと無理ですけどね」

そう言って下さいました。

年内に退院出来るかもしれない・・・私も両親も一緒に付いてきてくれた叔父も、みんな笑顔で喜びました。入院して喜ぶのも変な話ですけど、先生の言葉がとても嬉しかったのを覚えています。

それからしばらくは居てくれた両親たちも、用事が済んだらすることが無いので帰ってしまいました。

初めての入院。ちょっと心細かったけど、それどころではありませんでした。検査が待っていたのです。

脊髄に長い針を通して血管の通り道を調べるとか・・・何だか聞いてるだけで恐ろしくなるような検査でした。

検査が終わると、後は何もすることがありません。夕食を食べて、テレビを見て、ボーっと外を眺めて (病室は9階だったので、眺めはよかった) 気が付いたら寝てました。

こうして、私の入院生活が始まったのです。

今日はここまでネ。

|

« ついに来た~♪ | トップページ | 病気のこと ~入院編・2~ »

コメント

その後、リハビリで手はよくなりつつあるのでしょうか?
仕事で使うパソコンがリハビリだと言っておられましたが、タッチタイピングは両指を使うので脳に刺激が行っていいらしいので、無理せずに頑張って下さいね。
今日は、カットに行ってきたグッピーです。

投稿: グッピーちゃん | 2006年5月 4日 (木) 13時24分

まるさん こんにちわ
入院は不安だらけですよね。でも歩くのもやっと、ご飯も思うように食べられないなんて辛かったですよね。 特別な事が出来ないんじゃなくて、生活に必要な事が出来ないのはご家族も見ていられなかったでしょうね。今のまるさんを知っているから少しは安心して記事を読めますが、それでもどきどきしてしまいました。みんな読んだらまるさんの大変さをもっとわかるかな…?(ノ∀`●)

投稿: マヤmama | 2006年5月 4日 (木) 13時30分

★グッピーちゃん、こんにちは。
そういえば、私もあれから美容院に行ってないな~。
右手は思うように良くはならないみたいです。
でも、毎日字を書いたり、キーボードを叩いたり、自分で出来るかも??と思ったことは挑戦するようにしています。
きっと気付いたら治ってたってことになるんじゃないかと信じてやってます。
いつも応援してくれてありがとう (^▽^喜)


★マヤmamaさん、こんにちは。
ゴールデンウィークだっていうのに、暗い話でごめんなさい。今はこんなに元気なので、暗い話しも書けるんですね。辛いとか大変とかは分かってもらえなくてもいいんです。
こんな病気があって、こんな人もいるんだなぁ~って頭の隅に置いてもらえたら、それで充分なんです。
いつもありがとう (^▽^喜)

投稿: まる | 2006年5月 4日 (木) 14時24分

まるさん こんにちは。
病気の事 全四章  じっくり読んでみました。
「命をとるか、障害をとるか」なんて、ひどいですよね!!!
でも、その時のお母様のお言葉、胸が熱くなります。。。
私だったら、言えないだろうなぁ・・・
言えるかなぁ???

私は今のところすごく健康なので、病気の人の気持ちを心から理解してあげられる事は出来ないと感じています。
どう声をかけてあげたらいいのか、どんな態度で接していればいいのか???
いや、言いいたいい事、聞きたい事、いっぱいあるのに、考えすぎてしまって・・・
私は、いつもの私でいるよう平静を装うばからりです。

どうか無理しすぎなよう、自分に優しく優しくね。

投稿: you | 2006年5月 4日 (木) 16時56分

まるさん
入院と言ったら 大変ですよね でも 自分で自分の病気を理解するまでは、とても 心の戦いが有ったと思いますよ リハビリをして 少しずつ 取り戻して来た感覚も有ると思います まるさんも大変な思いも有った事だと 思うし ご両親の気持を思えば その時は。とても 辛い思いだったと思います。。脊髄の注射での検査はとても 痛いらしいですね、私は 血管が細いので 大病は出来ませんね と 看護師 さんに言われました何時も 注射針は トンボ の針です、それも 一箇所しか有りません 右腕の親指の下しか 無いのです !!!私のことより まるさんの 心と身体の対決 が有った事と思います。大根は後遺症が大きく残らないらしいですね。。。今リハビリで頑張ってるのだからね。。ボチボチ 前進ですよ。。。。。。

投稿: aki | 2006年5月 4日 (木) 19時51分

まるさん、こんばんは☆
ゴールデンウィーク、楽しくゴロゴロしてますか~(^0^)/
私は大病したことないし、入院もしたことないけど、入院って心細くなるだろうなって思う。検査も聞いてるだけで痛そうだし…。言葉が無いです。
でも、今の元気なまるさんが好きです♪きゃっ、言っちゃった(*^^*)

投稿: konatsu | 2006年5月 4日 (木) 23時13分

まるさん。こんばんは。はじめまして。

ブログの方へ来て下さってありがとう。
病気、リハビリどうですか?
GWは天気が良いですね。私ものんびりしています。ウクレレの弦、まだ買ってないのですが、明日あたり、見に行こうと思っています。

音楽は好きですか?歌や、楽器っていいですよね!また、来ますね!

投稿: トリ | 2006年5月 5日 (金) 00時26分

どうも♪こないだまるさんに初コメントいただいたクーです!さっそくページを拝見しました。ものすごく大変な思いをされているんですね…就職どうしようかと悩んでいる自分がぜーたくに思えてきますよ!少しでも右手がよくなるように頑張ってくださいね。陰ながら応援させていただきます(^ ^)

投稿: クー | 2006年5月 5日 (金) 01時01分

まるさん、はじめまして!
初コメントありがとうございます!!
♪o(≧▽≦)oo(≧▽≦)o♪
チラッとですがまるさんのブログにお邪魔しました。
あざらしがかわいくてステキです。
ご入院されていた経験があるんですね。
お体には気をつけて。
あかりも無理せず頑張ります!
また遊びに来てくださいね。
あかりももちろん行きます!!

投稿: あかり | 2006年5月 5日 (金) 04時44分

★youさん、こんにちは。
長い話しを読んでくださったんですね。
ありがとうございます。
ホントあの先生の顔は2度と見たくありませんよ~
youさんたち元気な人は、特別なことしなくていいんですよ。病気や障害も一つの個性ですからね。
出来ないことがあったら、頼むと思うのでその時手伝ってあげてください。

★akiさん、こんにちは。
またまた私の長い病気の話しになりました。
でも、これを話しておかないと今の自分のありがたさを忘れてしまいそうなんです。
akiさんは血管が細いんですね。私もなかなか苦労されてました。ご主人の具合は如何ですか?
akiさんも、ご主人も無理をしないで下さいね。
聖護院大根を干した物は痛み止めにいいそうですよ。

★konatsuさん、こんにちは。
いきなり暗い話しで面食らっちゃいましたかね~?
今日も楽しくゴロゴロしてますよ~。
今の私があるのは病気のお陰なんです。
だから忘れないように書いておきたいの。
ゴメンね。 ぺこ <(_ _)>
あ。。。私のこと好きなの?
私もkonatsuさんのこと大好きです (^▽^笑)

★トリさん、いらっしゃいませ~
初めてきて病気の話しだったんで驚いたでしょうね。
いつもはもうちょっと面白い事書いてるんで、また来て下さいね。
私、昔ピアノ教えてたんですよ~


★クーさん、早速遊びに来てくださってありがとうございます。
いきなり病気の話題でスイマセン。
これに懲りずにまた来て下さいね~

★あかりさん、こんにちは。
忙しいのに遊びに来てくださってありがとうございます。
いきなり暗い長い話しでゴメンなさい。
いつもは違うので、また来て下さいね☆

投稿: まる | 2006年5月 5日 (金) 11時00分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 病気のこと ~入院編・1~:

« ついに来た~♪ | トップページ | 病気のこと ~入院編・2~ »