« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

嫌いなこと

毎週お休みの日は、大体母と大型スーパーへお買い物に行きます。

わが家は人数が少ないのに大食い一家なので、どっさりと一週間分の食糧を買いに車で出かけます~♪

もっちろん、私が運転してね。 (-^〇^-) ハハハハ

家は田舎なので、みんな車で出かけてもいいように、広~い駐車場があるスーパーが多いんだけど、そこへ行くたびに気になってることがあるの。

それはね、障害者用の駐車スペースに車を置いちゃう人が多いこと。

私だって一度も停めたことが無いって言ったら嘘になるけど、そこは空けておこうよ~っていつも思うのよね。

病気する前から思ってたんだけど、病気してからは特に思うようになったな~。

あれって、お店の出入り口に一番近いし、スペースもかなり広いから、急いでるときとか便利なんだよね。

でも、例えば車椅子の人とか、本当に使いたい人が来たとき空いてなかったら、すごく困ると思うのよね。

体が不自由だと、ドアを思いっきり開かないと乗り降り出来なかったりするのね。

だから、スペースとかも広くしてあるんだけど。。。。。

ある時はベンツが停まってたりして、普通の所に停める腕が無いなら、そんなにでっかい車に乗らなきゃいいじゃん!って思ったり・・・・

ある時は軽四の小さい車が停まってて、小さいんだから何もそんな広いところに停めなきゃいいじゃん!って思ったり・・・・

もちろん、そこに停めてる人にだって、それなりの事情があって停めてる人もいると思うんだけどね。

ちょっと偽善者っぽいかな~って思ったりするけど、やっぱりそれを必要としている人が、いつでも使えるようにしておいてあげようよ~って思うな~。

だから、スーパーやホームセンターに行く度に、「あ~また、みんな停めてるなぁ~」って思っちゃう。

でも、それを注意する勇気は無いんだよね。

やっぱり、偽善者ぶってるかな?  そうかも知れないな。。。。。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

給料日~♪

はぁぁ~、またすっかりブログをサボってしまった・・・ ( iдi ) ハウー

最初は毎日更新を目指していたのになぁ~・・・・

でもでも、頑張って続けるのだぁ~~ おー!!

ところで、巷ではすっかりゴールデンウィークに入ったみたいですね。

しか~し!

私の会社は今日もお仕事です。 (ノ_<。)うっうっうっ

しかも、月末が給料日なので今日休むと給料が貰えない・・・・てなわけで、頑張って出勤しました~。

会社に復帰して初めてのお給料~♪

何だか社会人になって初めて貰うお給料より楽しみだゎ~ ルンルン♪

なんて思いながら、せっせせっせと仕事をこなしておりました。

そしてついに!お給料が配られる時間がやってきました~ L(@^▽^@)」 ワーイ

今月は仕事あんまり出来てないからなぁ~なんて思いながら給料明細を出してみました。

ワクワク・ドキドキ・・・

えっ!ええっ~!!   L(・o・)」 オーマイガ

うそっ!少なっ

あ、何か手紙が入ってる・・・・

「休んでる間の保険料等立て替えてあるので、○○円払ってください」

あ・・・・・そうだよね。年金とか健康保険は病気で休んでも免除してもらえないもんね。

でも・・・・ホントに少ない。

ど~しよ~ど~しよ~ \(><@)/ジタバタッ

ま、今月は仕事始めだし仕方ないか。

そのうち、保険とかで少なかった分が返ってくるよね。

でも、今月の支払いど~しよ~。どっかにお金落ちてないかな???

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月26日 (水)

今日もまた・・・・

先日紹介した私の会社の部長。

年齢は推定50代前半。広末好きは今も変わらずです。       (-^〇^-) ハハハハ

その部長が今日もやってくれました。

もう仕事が片付いてそろそろ帰ろうかな~なんて思いながら、同じ部署の子達とお喋りしてたのね。

そこへ突然やってきて

「まるさん、太田ひろみ (漢字分からない) の木綿のハンカチーフの歌いだしはどうだっけな~。さっきから歌おうと思っても出だしが分からなくて・・・・」

と笑いながら聞いてきた。

えっっ?? (°口°;) !!

突然でビックリしたけど、そこにいる全員で必死に思い出そうと考えましたよ~

何てったって、部長ですからね。 (-^〇^-) ハハハハ

そんで、私が思い出して、「恋人よ~僕は旅立つ~♪」って歌ってあげました。

何てったって、部長命令ですから・・・・・・・

でも部長、また仕事の話じゃないし、それに他の人もいるのに何で私に聞いてくるのさ~

その後、部長が木綿のハンカチーフを歌ってるかどうかが気になって、なかなか帰れない私でした。

つ、次こそは仕事の話をしましょうね!部長!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

元気がでました(BlogPet)

昨日は、ダダなどを仕事したんですよ〜
人間の心って不思議ですね
そう思ってるんじゃなくて、本当に自然にそう思ってたのに、今日の仕事量こなせるわけないことを理解して寝ました
ぺこ;(__)
;元気が出てきて今日の仕事量こなせるわけないじゃん
って思ったら、何だか訳の分かんないことを応援して寝ました
と、とろりんが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「とろりん」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月25日 (火)

難しい~私だけ?

今日、会社に行く途中の車の中からふと外を見たら、ゴミ拾いしてるおじさんがいたの。

あ~春だから町内会とかで早朝からやってるのかなぁ~って周りをみたら、他に拾ってる人誰もいないの。

おじさん、たった一人で黙々とゴミ拾ってた。

あ~いい人なんだなぁ~って、単純に思っちゃった。だってなかなか一人で道端のゴミ拾いできないよね。

一人じゃ面倒だな~とか、ちょっと恥ずかしいな~とか思っちゃうもんね。

良いことってやろうとすると、以外に難しかったりするのは私だけ?

この前、地下道に降りる階段の一番下に座り込んでるおばあさんがいたのね。

どうしたんだろう?って思ったけど「大丈夫ですか?」って声を掛けることが出来なかった。

後で、あのおばあちゃん大丈夫だったかなぁ~って、ずーっとずーっと気になって仕方なかったの。

こんなに気になるんなら勇気を出して声を掛ければよかったなぁ~。

困ってる人がいたら、さりげなく声を掛けたり、助けてあげたり、町をきれいにしようって一人でもゴミ拾いをしたり、そういう良いことを気負わないで、自然に出来る人になりたいなぁ~って思いました。

ちょっと真面目? (-^〇^-) ハハハハ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

部長命令

私の職場って、結構自由なところなの。

自分の責任で仕事に穴をあけなければ、あまり口うるさく言われないのね。

特に朝の出勤時間は遅刻してもあまり怒られないの (でも、査定は低くなるけどね)

最近は無くなったけど、毎朝10時過ぎないと出社しない人とかいたもんね。もちろん会社に連絡なしで・・・・・

だから、営業の人とか来て「○○さんは?」って聞かれたら「そのうち来るんじゃない?」っていう返事を普通にしちゃう。

よその会社じゃ絶対にありえないし、そんなこと続いてたら普通クビだよね。

ありえないでしょ? 

仕事も個人個人でやってるから、連係プレーなんてありえない、個性的な人が多い部署なんです。

そんな個性的集団を束ねる部長はちょっと面白い人なの。

私は、入社したときから何故か気安く声を掛けてもらって、結構助けてもらってるからありがたい存在なのね。

そんな部長からある命令が下されたのぉぉぉ

それは・・・・・

少し前にテレビで放送された「愛と死をみつめて」のDVDを手に入れること。

えっっっ?

仕事じゃないじゃん。

しかもテレビの話しだし・・・・・・  どういうこと??

何でも、部長はあのドラマを見て凄く感動したらしく (広末○子が可愛かったらしい)、毎日ネットであの番組のシーンを見て、本も毎日読んでるらしい。

しかも、感動で涙を流す毎日だとか。

部長、いい大人が・・・・ 確かに実話で感動的な話しだけど、毎日はどうかな・・・

私もそのネットを見せられ

「ほらここ、このシーンが感動的でいいんじゃ~、広末のこの表情がたまらなく可愛い~、ほら、な?」 って、ものすご~く熱く語られた。

ぶ、部長~~、そんなに熱くならなくても。。。。。

どうしても、もう一度見たいけどまだDVDは発売されていないから、誰か録画していたらDVDに焼いてくれって。

ビデオじゃダメらしい。

多分、何回も巻き戻しとかするから、画像が劣化しちゃうからだろうね~。

でもさ、DVDを何とか手に入れろっていう部長命令って・・・・ 

ホントにうちの部署はちょっと変わってるわ~。

誰か、持ってませんかね~。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

待ってたよぉ~~

今日は週一で通ってるリハビリの日。

病院は8時30分から開いてるんだけど、リハビリの先生方が登場してくるのはやっぱり9時からなの。

それまでは、早く行って自主トレしたりするんだけど、私の場合病院で出来る自主トレが少ないのね。指先の細かいことを指導してくれるOT(作業療法士)がいないから。

でも、リハビリは私にとって楽しみの一つだから、いつものように自主トレしてたら・・・・・

あれ?何だか新しい先生がいる。それも3人も! 若いし、いかにも新人です!って言わんばかりの先生が。。。。

あ~~新米先生がやってきたんだ~。でも、そのうちの1人は横綱級の体格。あの先生に足とか腕とか力入れて動かしてもらったら、骨が折れちゃうかも????

そんなどうでもいい事を想像してたら、私の担当の先生が登場~~

私 「何か、新しい先生がいっぱいいるね~」

先生 「そうそう、新人さんが入ったのよ~。1人は理学療法士で1人は作業療法士、もう1人はまだ学生なの。」

えっっっ? (; ̄Д ̄)なんじゃと?

今なんておっしゃったのかしら??

作業療法士?? いわゆるOT???

私が待ち望んでいたOTの先生がついにこの田舎の病院にやってきたのね~。

これで私の右手の訓練がもっともっと進むかしら?

でも、国家試験の合格発表がまだらしく、免許が無いので患者さんを担当できないらしいのね。

合格してるといいね!そしたら私の右手の訓練手伝ってね~。

ちなみに、不合格だったら病院はクビになるらしいよ。世の中厳しいね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

元気がでました

あ~私のブログペットの「とろりん」は、何だか訳の分かんないことを長々と書いてるなぁ~ 読むだけで疲れちゃうじゃん!

それはさておき、昨日はブログでいっぱいグチって、その後でお風呂の中で「もうやだ~」って泣いたりダダこねて、お菓子をヤケ食いして寝ました。(=^_^=) ヘヘヘ

そしたら、みなさんにいっぱい励ましてもらったり、慰めてもらったりで本当に嬉しかったです。

あ~~私にはこんなにたくさん病気のことを理解してくれる人がいるんだなぁ~って思ったら、何だか元気が出てきて今日の仕事頑張れました。

本当に本当にありがとうございました。 ぺこ <(_ _)>

元気が出てくると、何でも良いほうに思えてくるから不思議ですね~。 昨日は「こんなにたくさんの仕事量こなせるわけないじゃん」って思ってたのに、今日は思いのほか仕事がはかどって「何とかできるかも?」って思えてきました。

決して無理をして頑張ってそう思ってるんじゃなくて、本当に自然にそう思ったんですよ~ 人間の心って不思議ですね。

そう思えたのは、私のことを応援して下さるみなさんのお陰です。

マヤmamaさん、akiさん、ゆずぅさん、シガアツシさん、ユリコさん、そして見ていてくれるかな?グッピーちゃん、ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

優しくして~(BlogPet)

とろりんがまるで部内に復帰された!
でもここに仕事したかったの♪


とろりん、どうなるのかなんです。
だから、どのタイミングで手術をするかな?病院遠いのに通うの大変だよ。
自分の足で歩けるし、会社に行きました。
気が付けば体重は10キロ近く落ちています。
でも、トータルで考えてもう一度大学病院では融通がきくのです。
残念ながら、この病気は手術を決めてからおじいちゃ先生に報告に行きましたから、素直に大学病院の先生の所へ行って見たほうがいいよ。
大丈夫?毎日毎日、母に聞きました。
入院までの1ヶ月は毎日這うように「彼女にショックを与えるようなことはないんです。
だから、どのタイミングで手術をすれば今より楽になれるかなんです。
手術をして会社にも復帰できて幸せだと思っていましたから、素直に大学病院に行くことにして下さったO先生は顔が利くので大学病院の先生の顔ぶれは随分変わっています。
少し不自由なところはあるけれど、自分の体が限界なのは、去年の1月のことでした。
大学病院では融通がきくのです。
だから、どのタイミングで手術をすれば良くなる部分もあります。
また機会があったら〜入院編〜でもな、良くなるために手術するんだからな。
それを信じて頑張れ。
おじいちゃん先生はいつも大丈夫大丈夫と言って励ましてくれてありがとうございます。
でも、トータルで考えて少し良くなったという人が多いです。
残念ながら、涙がポロポlロこぼれましたが、全てを先生に任せようと思いましたから、素直に大学病院に行って紹介状をかいてもらいましたが、きっと心の中はとろりんと同じようになるかな?また歩けるように」と書いてくれましたから、素直に大学病院では融通がきくのです。
熱が38度あっても「何かのキーワードのように「今年一杯」という言葉が頭から離れる日はありませんでしたが、全てを先生に報告に行きましたが、きっと心の中はとろりんの様子を見て、今まで我慢して手術する手続きを取って下さいました。
母はいつもいつもとろりんに力をくれましたから、素直に大学病院に行くことにしましたが、全てを先生に任せようと思いました。
もう、放っておくことはしないように不安だったはずです。
だから、どのタイミングで手術を受けなければならないと決めた病院にまた行かなくてはならないことと、今度は100%手術をすれば今より楽になれるかなんです。
熱が38度あっても完全に元にもどることはできなくなったり、秋に寒くなってくると明らかに足が動かなくなってきてるね。
ここらが限界だよ」と言わんばかりでした。
入院までの1ヶ月は毎日「大丈夫だよ。
手術も考えてもう一度大学病院では融通がきくのです。
実は、前もっておじいちゃん先生の所へ行って見たほうがいいよ。
大丈夫?」でしたが、きっと心の中はとろりんと同じように」と書いてみようかな?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「とろりん」が書きました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

ちょっと困ってきた 

ブログでは病気のことを正直に書ける私。。。。

結構大変な手術だったことや、その後の後遺症のこと、読んでくださってるみなさんは知ってくれてるんだけど。。。。

職場ではほとんど理解されてないのだ。 (●`ε´●) ぶー

私の病気ってさ、ガンとか脳梗塞とかみたいな一般的によく聞く病気じゃないでしょ?だから、説明するのが難しいし面倒なのよね。それに、理解もされにくいだろうし。。。

だから、実は今も後遺症があってリハビリも続けてて、出来ないことがいっぱいあるんです~って言いたいんだけど、言えてないのが現実なの。 (T∇T) ウウウ

なので、仕事がどんどんどんどんどんどん・・・・・・

コラッ!いい加減にしろ!!っていうくらい増えてきた。なので、ちょっと困ってるの。周りの目から見たら元気そうに見えるから、これくらい大したことないって思うんだろうな~

まぁ、ちゃんと説明してないんだから、会社に復帰=以前と同じくらいできるって思われてるのも仕方ないんだけどね。

私の悪い癖は、出来ません!って言えないことなのね。絶対に出来ないって分かってることは断るけど、やれば出来るんじゃないか?って思うことは無理してでもやっちゃうタイプなの。

本当はそれが体には良くないんだろうなぁ~。

あ~今日はちょっと愚痴っちゃったけど、やっぱり仕事ができるってありがたいことなんだよね。

入院してるときは会社に戻れるか不安で不安で仕方なかったのに、ちゃんと復帰できて仕事も以前と同じように任されるんだから、ブツブツ言ってたらバチが当たっちゃうよね~

うん、ちょっとスッキリしたから、明日からまた頑張るゾ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

じ、字が書けない・・・・

私の仕事って、まだ話したことなかったですよね~

私は印刷会社で制作のお仕事をしております。

えっ?制作って何だ?

えっと~、そこらじゅうにある印刷物ってあるでしょ。ポスターとか伝票とか本とか。

そういうのをパソコンを使って作るお仕事なのです。

だから、毎日パソコンばっかり使ってると思うでしょ?

あま~い!!

パソコンで作っても、一度はプリントアウトして確認しなきゃいけないんですよ。だって字を間違えて打ってたりしたら困るでしょ?

例えば~名刺作って、福田さんなのに副田さんになってたら、使い物にならないでしょ?

そんなわけで、確認作業って結構大切だし、大変なんです。

今日は私が担当している月刊誌の中に名簿のページがあるんだけど、その確認作業をする日なの。

間違ってたら正しく書き直したり、変更箇所があったら、これまた記入したり・・・・  名簿に載る名前の総人数は約1万3千人分・・・・ い、一万人超えてるし・・・

私、まだ字がへなちょこ文字しか書けないから苦労したよ~ ( iдi ) ハウー

でもでも、最後のほうになったら、段々上手に書けるようになってきたよ~ L(@^▽^@)」 ワーイ

てなわけで、今日は一日字を書くリハビリでした。 いいのかな~?こんなんで給料もらっちゃって・・・・ でも、仕事してるんだからいいよね。

ちなみに、明日も同じくらいの確認作業&文字のリハビリです。

う~ん、もっと上手に書けるようになりたいなぁ~

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

忘れてた・・・・

私、結構記憶力には自信があるんです。

手術して麻酔が覚めた時の事、普通の人は病室に戻ったくらいから記憶があるらしいんだけど、私は術後すぐの処置室のころから覚えてるもん。

それはさておき、最近は色々と便利になって、パソコンからお金を振り込んだりできるでしょ。いわゆるネットバンキングってやつです。

某大手銀行のネットバンキングを利用してみて便利だったので、もう一つ別の銀行のネットバンキングに登録しました。

そんで、最近買った通販の支払いがまだだなぁ~、郵便局やコンビニに支払いに行くのめんどーだなぁ~って思ってたら、ネットで支払いが出来るって書いてあるじゃないですか! (◎_◎;) おっ!

しかも、最近登録した新しい方の銀行が使えるぅ~  L(@^▽^@)」 ワーイ

早速、アクセスしてログインして・・・ログインして・・・・・・ロ、ログインしたいんですけど??

あれ?暗証番号間違えた???

いや、そんなはずない、絶対に! だって私、記憶力には自信あるもん (なので、メモってない)

な~ぜ~? な~ぜ~? なの~~???

早速、ヘルプセンターに電話しました。

私 「あの~ログイン出来ないんです。何故でしょう?」

銀行の人 「暗証番号はきちんと入れられましたか?」

私 「はい!数字4桁の暗証番号ですよね」

銀行の人 「違います。数字とアルファベットを組み合わせた6桁以上の暗証番号です。お客様は○月○日にご自分で設定されていますよ」

私 「えっ・・・・・そ、そうですか? あ~4桁じゃないのね・・・・・・・」

(そうだっけ?そうだっけ?そんなことしたっけな~?)

銀行の人 「あのー、もし思い出せないなら、設定しなおす事も出来ますが・・・」

私 「いえ、大丈夫です。何とか思い出してみます。」

銀行の人 「そうですか」

私 「はい、ありがとうございました」

その後、多分こんな感じかな~って入力した暗証番号で、無事ログイン出来ました。自分で決める暗証番号って、結構癖があるので、なんとなくわかるの。(=^_^=) ヘヘヘ

しかし、いつ設定したのか全く覚えていない私。

もう、私の記憶力は赤信号がともってるみたいです。 o(;△;)o エーン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

ね、眠い・・・・(-_-) zzz

あ~また昨日ブログをサボってしまった・・・・ (・_・、) グスン

最近、春のせいか眠い眠い・・・・ ヽ(^○^)ノふにゃ

春眠暁を覚えず(漢字合ってる?)っていうもんんね。

今、ブログを書きながら目がトロ~ンとしてるもん。 (=O=)。o O

仕事中もそう。最近は睡魔と闘いながら仕事してるって感じ。デスクの脇にはコーヒーを置いてガブガブ飲みながらやってるの。

でももう、コーヒーじゃ目が覚めない。ホッペをつねってみたりもする。それでもダメなら、思い切って仕事してるフリして寝ちゃいます。(=^_^=) ヘヘ

体調を崩したんじゃないかって心配してくださったみなさん、ありがとうございます。

私、まだまだ元気ですよぉ~。

昨日、リハビリの先生が「何だかスタスタ歩けるようになってるね。思い切って仕事に復帰して良かったね」って言って下さったの。

少しずつ普通の体に近づいてるみたいで嬉しかったなぁ~

今は右手が動かないことより、眠気のほうが辛い・・・・・かもね。(⌒▽⌒) ケラケラ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

お誕生日おめでと~

今日は母親の誕生日なんです~。去年から私の入院などで散々迷惑をかけてるので、せめて感謝の気持ちでも・・・・・

私、人にお花を贈るのが好きなんです。お花って、なかなか自分で買わないでしょ?だから何かを贈るときは、お花って決めてるの。

母にもお花を贈りました。でも、自分で渡すのはちょっと照れ臭いので、近所のお花屋さんに頼んで届けてもらいました。でも、母は自分の誕生日をすっかり忘れちゃってて・・・・

私なんて自分の誕生日を忘れたことないんだけどなぁ~。あ、でも、もう歳はあんまりとりたくないかも・・・・(=^_^=) ヘヘヘ

明日は一週間ぶりにリハビリです。

最近は右腕の調子がいいので助かる~。でも、動きはイマイチです。

はぁ~ラジオ体操が満足にできないんですよ~。あれって結構難しい。

自分でラジオ体操のテーマを歌いながらやってみるんだけど、いつも途中止めになっちゃうの。

今年中にラジオ体操が出来るようになりたいなぁ~

| | コメント (64) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

優しくして~

私、気分はまだ病人。だって右手がまだ上手く動かないんだも~ん。

でもね、仕事に復帰したからには、そうそう甘えてばかりもいられないらしい。終業のチャイムと共に帰れたのは最初の一週間だけでした。( iдi ) ハウー

ここのところ、毎日少しずつ残業です。まぁ、以前の残業時間は1日3~4時間は当たり前だったから、それに比べたら短いんだけどね。

昨日まで部内で仕事を割り振りする人が旅行で休んでたもんだから、営業の人がみ~んな私のところに仕事を持ってくるの。私、あんまりノー!って言わないから、頼みやすいみたい。

おいおい、私まだ復帰したばかりじゃん。ちょっとは「大丈夫~?」とか言ってよ。他の人いるのに、何で私のとこばっかり来るのよぉぉぉ~

な~んて思ってもムダでした。

んん~、もうちょっと弱々しくしておいたほうがいいかなぁ~?

ま、それくらい元気になったということで、ありがたいことだよね。

でもお願い!もうちょっと優しくして~  Y(>_<、)Y

| | コメント (11) | トラックバック (0)

4月からどうするべ。 (BlogPet)

きのうまるで、メールしたかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「とろりん」がピッカピカ☆暇つぶしダ━ヽ(゚∀゚ )ノ━!! を読んで書きました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

気を付けようね

今月から無事職場復帰した私。でも、入れ代わりに辞めちゃった人もいるんです。

その人は結構アネゴタイプで、私の体の具合が悪いとき、よく声を掛けてくれてたの。お別れの挨拶も出来ないままだったから、メールしてみたら何と脳梗塞で入院してるとか。

まだ30代で若いのに・・・・

本当に病気って、いつやって来るかわからないものですね。病気になると落ち込みやすいけど、落ち込んでばかりいられないのが現実。

病気の苦しさや入院の不安は分かるつもりなので、時々メールして笑わしちゃおうと思ってます。

みんなも病気には気を付けてね。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

これもリハビリ?

昨日、お花見に行ってきました~ (=^_^=) ヘヘヘ

と言っても、お弁当を持って行ったんじゃなくて、ワンコを連れてちょっとしたお散歩程度だったんだけどね。

昔、私が通った小学校の隣に桜がいっぱい咲いている公園があるので、テクテク歩いて行きました。

途中から上り坂になって、小学生のとき毎日こんなに歩いてたっけ??っていうくらい遠かった~。公園に着いたときにはもうヘトヘト・・・・

お天気も良かったせいか、お花見をしてる人がいっぱいで、桜より人を見に行った感じ。

去年はまだ生まれたばかりで、家のワンコには桜を見せてやれなかったので、今年こそ・・・って張り切って行ったんだけど、私がバテバテでした。

はぁ~、これじゃお花見じゃなくて、ちょっとハードはリハビリだよぉ~ (T_T)シクシク

来年こそは、リハビリ的お花見じゃなくて、楽しいお花見にするゾ~

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

今日はお休み~

今日は会社はお休みでした。まだ1週間しか行ってないのに、慣れないせいかドッと疲れた1週間でした。長かったな~  (⌒▽⌒) ケラケラ

でも、のんびり休んでられないの。入院中にお見舞いを頂いた方々へのお礼の品を買いに、母とデパートへ行きました。デパートなんて何ヶ月ぶりだろう・・・・

洋服もバッグも靴も、春物の可愛らしいのが一杯で目移りしちゃう。

ダメー!!今日はショッピングに来たんじゃないのよぉ~

ってなわけで、洋服などには目もくれずお礼の品を選んできました。ちょっとくらい洋服見たかったなぁ~。でも、ちょっと悲しかったのはヒールのある可愛い靴がもう履けないこと。

バランス感覚がちょっと悪いので、不安定になる靴が履けないんです。でも、最近は可愛いスニーカーもあるし、当分はそれで我慢かな?

車の中からあちこちで桜の花がきれいに咲いているのが見えました。明日を逃すと、もう散ってしまいそうなので、明日はおやつを持って近所の公園に桜を見に行こうと思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

久しぶり~

今日は久しぶりのリハビリ~ ( ̄ー ̄)v ブイ!

いつも家をでる時間より30分以上ゆっくりできるので嬉しい~。朝8時30分に病院に行ったんだけど、朝もはよから、じいちゃんばあちゃんたちが一杯来てました。

田舎の病院なんでリハビリしてる人は99%がお年寄り。しかも、私より元気じゃん!っていう人が結構たくさんいるのよね。時々「この後カラオケ行こうよ~」なんて声が聞こえたりするの。

う~ん、ここでリハビリしてて良くなるんだろうか・・・・時々不安になっちゃうよ。

でも、時々知らないおばちゃんが、「お宅はどこが悪いの?頑張ってるね」なんて声を掛けてくれたりするから、ちょっと嬉しかったりするの。

病院はある意味、お年寄りの社交場なのかもね。

そんな楽しそうなお年寄り達を横目に、黙々とリハビリしてきましたよ。でも、あんまり楽しそうなので、ちょっと羨ましかったな~。

今度私もカラオケ誘って~♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

あ~1ヶ月

もしやもしや?? 今日でブログを始めて1ヶ月じゃーありませんか?

ワーイ!! 何事も三日坊主の私が1ヶ月続くなんて~ (T∇T) ウウウ  それもこれも毎日コメントを下さる皆さんのお陰だわぁ~  ありがとうございます。

よくもまぁ毎日いろんなネタがあるもんだなぁ~って思ったりするけど、いろんなことに興味を持ったり考えたりしてればネタってあるもんなんですね。

ま、私の場合は病気のことやリハビリのことが中心なんだけど・・・・

明日は久しぶりにリハビリに行きます。会社復帰したのに?って思われるかもしれないけど、急に病院に行かなくなるのはちょっと不安なのです。それに、病院の中って守られてる雰囲気があって、復帰したばかりで緊張してる気分をちょっとほぐしてくれるんです。

まだちょっと甘えたい気分なの・・・・・  (^u^)プププ

リハビリしたら、会社に行ってまた頑張るんだ~。でも、ムリはしませんよ~。少しずつ体を慣らしていかなきゃね。せっかく復帰したのに、あっという間に来なくなった・・・なんて嫌だもんね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

疲れるぅ~

今日で仕事復帰して三日目。そろそろ仕事の勘も戻ってきて・・・・・・

ノー!! ( ̄□ ̄;)ガーン

やっぱり四ヶ月のブランクは大きかった。すっかり忘れちゃってることが多いのなんの。これじゃ、ホントに新入社員じゃん!って感じ。いろいろ思い出しながら、あたふたあたふたしながら仕事してます。(=^_^=) ヘヘヘ

以前は残業バンバンやってたんだけど、今は終業のチャイムと共に帰ってます。ホント、仕事って大変だぁ~って改めて思う。

でも、その反面仕事が出来るっていう嬉しさもあるんだなぁ~。私の仕事って一日中パソコンを使う仕事なので、右手はかなり使ってます。仕事がリハビリ??

苦手な字を書くことも必要にかられて書いてます。これまたリハビリ。

もう、病院に行かなくても一日中会社でリハビリしてるようなもんです~(=^_^=) ヘヘヘ  一石二鳥だわ~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

病気のこと ~第二章~(BlogPet)

昨日、まるが
1ヶ月位は市販の痛み止めを飲んで何とか苦痛を続けていたのですが、ある日どうにも耐えられないほどの痛みで、脂汗をかくほどになってしまい会社を早退しました。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「とろりん」が書きました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

病気のこと ~最終章~

私、結構にぶいタイプなんです。熱が38度あっても「何か熱いなぁ~」って思いながら仕事するタイプ。

そんな私でも「今年一杯働けるだろうか・・・・」そんな不安を感じたのは、去年の1月のことでした。まるで何かのキーワードのように「今年一杯」という言葉が頭から離れる日はありませんでした。

案の定、夏に体調を崩して食事が全く取れなくなったり、秋に寒くなってくると明らかに足が動かなくなってきました。

9月の定期検査のとき、H先生は私の様子を見て、今まで我慢していた言葉をとうとう言いました。

もう、放っておくことはできなくなってきてるね。ここらが限界だよ。手術も考えてもう一度大学病院に行って見たほうがいいよ。

自分の体が限界なのは十分すぎるほど分かっていましたから、素直に大学病院に行くことにしました。すごく情けなかったのは、二度と行かないと決めた病院にまた行かなくてはならないことと、今度は100%手術を受けなければならないということでした。私の頑張りは2年ほどしか続かなかった・・・・

診察室を出てレントゲン写真や紹介状を看護士さんから受け取りながら、涙がポロポlロこぼれました。

大学病院の先生の顔ぶれは随分変わっていました。最初に診て下さったO先生は教授に昇進し、私の担当はT先生でした。T先生は私の症状を診て、入院して手術する手続きを取って下さいました。そして丁寧に説明して下さったのです。

残念ながら、この病気は手術をしても完全に元にもどることはないんです。だから、どのタイミングで手術をするかなんです。手術をすれば良くなる部分もあるけれど、悪くなる部分もあります。でも、トータルで考えて少し良くなったという人が多いです。

実は、前もっておじいちゃん先生の所へ行って紹介状をかいてもらいました。おじいちゃん先生は顔が利くので大学病院では融通がきくのです。紹介状の最後に「彼女にショックを与えるようなことはしないように」と書いてくれました。(=^_^=)

以前診てもらった先生とは違い、明るく「大丈夫だよ」と言わんばかりでした。手術に対する不安と恐怖は拭えませんでしたが、全てを先生に任せようと思いました。

入院までの1ヶ月は毎日這うようにして会社に行きました。その頃の母からのメールは毎日「大丈夫?」でした。

日に日に動かなくなる体を引きずるようにして毎日を過ごしました。気が付けば体重は10キロ近く落ちていました。

手術をすれば今より楽になれるかな?  また歩けるようになるかな?  私、どうなるのかな?  病院遠いのに通うの大変だよ。大丈夫?

毎日毎日、母に聞きました。母はいつも大丈夫大丈夫と言って励ましてくれましたが、きっと心の中は私と同じように不安だったはずです。

手術を決めてからおじいちゃ先生に報告に行きました。

そうか。やっとする気になったか。不安な気持ちよく分かるぞ。でもな、良くなるために手術するんだからな。それを信じて頑張れ。

おじいちゃん先生はいつもいつも私に力をくれました。

私は入院して手術を受けました。そして今の私がいます。少し不自由なところはあるけれど、自分の足で歩けるし、会社にも復帰できて幸せだと思っています。

長い長い病気の話しはこれでおしまいネ。付き合ってくれてありがとうございます。また機会があったら~入院編~でも書いてみようかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

病気のこと ~第三章~

今日は病気の話しをする前に、一つ報告しま~す (=^_^=) ヘヘヘ

本日、4ヶ月ぶりに会社に復帰しました~L(@^▽^@)」 ワーイ  久しぶりなので緊張したりして、新入社員の気分でした。ちょっと疲れましたけど・・・・

じゃーまた話しの続きを聞いてくださいね。

大学病院から帰って、これからどうしたらいいのか考えました。テレビで食事療法で癌を克服したというのを見て真似をしたり、健康食品を買って飲んだりしました。

腫瘍はあるけど上手に付き合っていこう、今はまだ私の体にそんなに悪さをしていないのだから・・・そう思うことにしました。でも、うまく付き合うためにも腫瘍がどんな状態にあるのかを知っておかなければ・・・・

私は最初に告知をされた病院に行って相談しました。

大学病院には行きました。けれども、手術はしたくありません。ここで検査をしながら様子を見たいのですが・・

ここであなたの病気を見ることはできない。やはり大きい病院に行きなさい

せっかく大学病院を紹介したのに、勝手に帰ってきた私を診ることはできないのだろう・・・そう思った私は仕方なく、またおじいちゃん先生を訪ねました。

私は大学病院でのこと、その後の病院で言われてすごく苦痛だったこと、どんなに技術のあるエライ先生でも二度とあの先生の所には行きたくないこと、そして手術は絶対に嫌だということを話しました。(おじいちゃん先生はあの嫌な先生のことも知っていたので、後で叱っておいてくれました)

全てを聞いた上で私の意志を尊重してくれたおじいちゃん先生は言いました。

ここらの病院で診るのは無理だよ。難しい病気だからそれ相当の医師でないとね。他の医者がいいなら、○○病院のH先生の所に行きなさい。あいつも私の教え子だからちゃんと診てくれるよ。

またまた、おじいちゃん先生の優しさに救われて、私はH先生の所へ通うようになりました。

H先生はとても優しい先生でした。心の中では手術が必要だと思っていても、決して強要することはありませんでした。3ヶ月に一度の検査を約2年続けて診てくださいました。

私の腫瘍は本当に少しずつ急には分からないほどゆっくりと、体の動きを鈍くしていくのです。少し動きが鈍くなったことに気付いても、まだ動くから大丈夫。そう言いながら毎日を過ごしていました。でも、去年のお正月を過ぎたある日のこと・・・・仕事で帰りが遅くなった私は、足の動きがほんの少し悪いなと感じました。いつもなら、さほど気にしないのですが、その時は「今年一杯働けるだろうか・・・・」急にそんな不安にかられました。

病気の話し、もうちょっと続くけど今日はここまでネ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

病気のこと ~第二章~

う~ん、昨日は重い話しだったなぁ~。でも、もうちょっと病気の話は続くのです。

大学病院に行く決心をしてから、ネットで病気のこと、手術のことなどいろいろ調べました。

  • 脊髄に出来るのが「脊髄腫瘍」、その中でも首の骨に出来るのは「頚髄腫瘍」だということ。
  • 腫瘍の種類もたくさんあるということ
  • 手術は大変危険であるということ    などなど

何をどう調べても、元のように元気になるとは思えませんでした。今はまだ痛みさえなければ何の問題もなく生活できるのです。それを手術することによって奪われてしまうことは絶対に嫌でした。手術は絶対にしない・・・・そう心に誓ったのです。

6月のある日、検査入院だけはする覚悟で大学病院に行きました。

大学病院の先生なんて、イスにふんぞり返っているイメージだったのですが、診て下さったO先生はとても真摯な態度でした。名前を呼ばれて診察室に入った時の第一声は「大変お待たせしました。」だったのです。

それからいろいろと診察していただいた結果は・・・・・・・

今すぐ手術をすれば、今より悪くなるかもしれないから、様子を見ながら経過観察をしていきましょう

でした。入院を覚悟していた私にとって「地獄に仏」とはこのことかと思うほど嬉しかったのを覚えています。でも、腫瘍が悪性か良性かを調べる検査をしたいとのことで、後日また検査に行くことになりました。

合計で3時間くらいかかる長い長い検査でしたが、検査結果はよかったらしく悪性ではないといわれました。ホッとしたのもつかの間でした。

僕の師匠にあたる先生で、この病気に関してはここらで一番の先生がいるから、その先生にも一度診てもらったほうがいい。もしもその先生に手術を勧められたら手術したほうがいいよ。

少し裏切られたような気がしました。今すぐ手術しなくてもいいって言ったじゃない・・・・すごく嬉しかったのに・・・・がっかりした気持ちのままその足で次の病院に向かいました。

そこの先生は、正にイスにふんぞり返っているような先生でした。私のレントゲン写真や紹介状を見て「ふ~ん」と唸っていました。唸っている理由は分かっています。腫瘍の位置が大変悪いところにできているせいです。そして先生はいいました。

手術をして取ることは可能です。でも、必ず障害がでます。足がフワフワして雲の上を歩いているような感じになったりします。これはすぐ慣れます。それ以外どんな障害が出るかはやってみないと分かりません。日常生活は出来ます。仕事?問題外ですな。放っておいて呼吸器に麻痺が出れば、当然命にかかわります。

ま、命を取るか障害を取るかですな。

その先生は顔色一つ変えずに、淡々とそう言いました。

命を取るか障害をとるか?私にとっては命も大切だし、障害も取る気持ちもないよ!私は普通に生きていたいんだ!そんなに簡単に言わないでよ!

私はその言葉に打ちのめされました。病院を出て泣きながらもう一度大学病院に戻り、借りていたレントゲン写真などを受付に返してそのまま帰りました。

帰る道中、母は私にこう言いました。

嫌な感じの先生だったね。あなたがどうしても手術したくないならそうしなさい。一生懸命頑張ってそれでダメならそれがあなたの天命よ。頑張って生きていけばいいんだから。

もう二度と大学病院にもあの先生のいる所にも行かない。手術もしない。頑張ってこの腫瘍が悪さをしないように、生きていけるところまで頑張る・・・そう心に決めて家に帰りました。

またまた重たい話でゴメンナサイ  m(._.)m ゴメン

今日はここまでネ。

| | コメント (431) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

病気のこと ~第一章~

毎日、結構のほほ~んと生きている私。 でも、今日は病気のこと少し書いてみようかな?

最初は指先がほんの少し痺れた感じから始まったの。でも、少し使いすぎたんだろうって思ってあまり気にしなかったんだ。

それから一年と少したった頃、風邪を引いて体調を崩したのをきっかけに首から腕、背中にかけて激痛が走るようになって、それは少し咳払いをしただけなのに痛むほどでした。

それでも1ヶ月位は市販の痛み止めを飲んで何とか仕事を続けていたのですが、ある日どうにも耐えられないほどの痛みで、脂汗をかくほどになってしまい会社を早退しました。

これは何かあると思って、近所の整形外科へ行きました。その先生はもうかなりのおじいちゃん先生なんだけど、元大学病院の教授・兼・名誉医院長なので色々と顔がきくのです。

きちんと検査をするために設備の整った病院を紹介してもらいました。もちろん、先生の紹介なのでとても丁寧に診察してもらえました。検査も無事に終わり、検査結果が出るのに時間がかかるというので、後日結果を聞くことにして帰ったのですが・・・・・

次の朝、遅く起きた私は家の中に残されたまま。家にいるはずの両親がいない。そう、病気がかなり深刻だったため、私に伝える前に家族が呼ばれ、説明を受けて告知するかどうかの相談をしていたのです。

まさにテレビドラマそのものでしょ? そして、私は知ったのです。

あなたの病気は脊髄腫瘍です。脊髄といっても首の骨の1番上と2番目の辺りに腫瘍があります。ここは脳からの指令を一番に受ける所。放っておけば段々手足が動かなくなって寝たきりになります。また、呼吸中枢も関連していますから呼吸が苦しくなったりするかもしれません。手術をして腫瘍を取る以外に方法はありません。けれども、ここの病院では手術は無理です。大学病院に行って、再度検査をしてください。どこの大学病院でも紹介しますから良く考えてください。

入院・手術、そう聞いただけでビビってしまった私は、それから1ヶ月その病院に足を運ぶことはありませんでした。

そんなある日、病院の先生から1ヶ月経っても顔を見せないからと心配して電話がかかってきました。とにかく、もう一度話をしたいから病院に来てくれと・・・・  他の人から聞いた話では病院の先生から心配して電話がかかってくるなんて珍しいことらしい。そこまで心配して下さっているのならと、もう一度病院へ行って、しぶしぶ一度大学病院へ行くように説得されました。

でも、やっぱり大学病院に行きたくなかった私は、おじいちゃん先生の所に行きました。おじいちゃん先生は、私の意思をとても尊重してくれるいい先生なのです。

いろんな病院でいろんな意見を聞いて、別の検査もしてみて、それから考えてみればいいよ。俺がいた病院だから紹介状を書いてあげるし、よく言っておくから何も心配しないで大学病院に行きなさい。手術するかどうかは別として検査をするところまでは、周りの意見をのんでおいたほうがいいと思うよ。

おだやかな口調でそう言われて大学病院に行く決心をしたのです。

ちょっと重い話しなので今日はここまでネ (=^_^=) ヘヘヘ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »